munbai

果たして歌を歌うだけで罪に問われるべきであるのかという表現の自由に関わる問題と、それだけに留まらず、カースト制の名残を受けたインド社会の差別などの理不尽さをも描き出す秀作だ。
「少しでも多くの人を笑顔にできたらと願っています」
カシミール地方で緊張が再び高まっている。
インドのムンバイで硫酸をかけられ重傷を負った19歳の女性が、アメリカ・ニューヨークで始まったファッションイベントのステージに立った。
あなたがもし今までに、自分はどうして独り身なんだろうと考えたことがあれば、見方を変えてみるべきかもしれない。
インド初の高速鉄道計画に、日本の新幹線システムが導入される方向になった。
写真家のエイモス・チャップルが誰もが一度は訪れたい観光名所をドローンで撮影した、澄み切った絶景を紹介する。
世界のゴミの排出量が増え続けている。低所得国は高所得国よりごみの量が少ないとされるが、インドと中国の一部の地域はごみの排出量が格段に多い。特に約2100万の人口を抱えるインド最大の都市ムンバイでは事態は深刻だ。
そろそろ真剣に夏の旅行予定を立てる時期だ。しかし、あまりお金をかけずにどこへ行くことができるだろうか?