myanma

ビルマ政府が「良心の囚人問題」に対処するために再編した委員会は、いまだ獄中にある良心の囚人の事案を解決するともに、包括性と独立性、透明性を確保し、政治的動機に基づく逮捕の増加に対処しなければならないと、アムネスティ・インターナショナルとヒューマン・ライツ・ウォッチは新委員長に宛てた本日付の公開書簡で述べた。
2014年版の「世界寄付指数」(World Giving Index)によると、「他の人のために与える行動を最も多く行った国」のランキングにおいて、アメリカとミャンマーは同率1位となった。
U-19アジア選手権の準々決勝で日本チームは敗れてしまったが、その後ヤンゴンに移動して準決勝を観戦してから帰国の途に就いた。
ミャンマーが外国銀行に対して門戸を開いたが、金融の安全網はぜい弱で貸し付けは厳しい規制を受けており、今のところ温かい歓迎を受けたとは言い難い。
もし中国が1.アメリカとの軍事力の差を埋め 2.西欧諸国の市場や海外資源からの経済的な依存を減らし 3.独自の同盟を構築することに成功した場合、2030年前後に、このバランスはかなり変化する。
ミャンマーは、第二次大戦中の独立戦争協力時より、歴史的にも日本との縁が深く、とても興味深い国だとは思っていた。しかしながら、現地とのつながりもなく、なかなか訪れる機会がない中、今回、宮澤保夫・星槎グループ会長に同行を許して頂き、ミャンマーで勉強させて頂くことができた。そして、今回の滞在で、当初自分の持っていたミャンマーに対する未開なイメージは、ただ一点を除いては悉く裏切られることになった。
人権保護と民間人保護に関するビルマ国軍の劣悪な現状は、PKO活動が世界各地で尊重することが期待される水準と合致しない。国連がビルマ国軍をPKOに参加させることは、いかなる形であれ、国連の評判を大きく損なう危険性を伴うものであり、国連内部で人権問題への関心を高めようという近年の取り組みとも矛盾するものだ。
商社やメーカーが、低コストで生産できる中国をはじめ、バングラデシュ、ミャンマーにまで進出した結果として、日本製の衣料品、工場は激減しています。ただ、実際どのくらい減少しているかはあまり知られていません。
新興国への投資が増えたことで駐在人口も増加し、住居や商業施設の物件に関する不動産情報が重宝されている。
国際連合とBank of America Merrill Lynchがまとめた調査結果を掲載したInternational Business Timesの記事では、東南アジア各国での人口増加を予測している。