名字の日

真ん中の私たち

絶滅寸前の名字を何度も変えたいと思った自分。いま、存続させたいと考えるようになるまで