naitei

労働問題を専門とする弁護士らによる市民団体「ブラック企業対策プロジェクト」は5月29日、内定・入社前後にトラブルに遭遇した若者へ向け、「内定・入社前後のトラブル対処法」をWebサイト上で公開した。「内定後にインターンシップに出ないと内定を取り消すと言われ、授業に出ずに働いている。給料は出ない」「内定の際は正社員と言われたが、入社しみてると最初の3カ月はアルバイトだった」など、実際に若者から寄せられた相談を踏まえ、実践的な対処法について解説している。
私事で恐縮だが、最近古くからの友人に相談があるという理由で食事に招待された。面倒臭い話は正直余り好むところではないが、そうかといって無下にも出来ず、結局会って話を聞いて来た。
いやー、嬉しかった。 とにかく嬉しかった。久しぶりに心から嬉しくなり、なおかつ、1つの節目を超えた気がしています。昨日、復興に関わる大学生と新卒採用のイベントを開きました。このイベントはひょんなご縁からはじまりました。ちょうど1ヶ月ほど前、就活サービスをされているi-plugの中野社長と打ち合わせ。「東北復興に取り組む大学生の就活を応援したい」。
晴天に恵まれた今年のゴールデンウイークももう直ぐ終了する。就活開始から半年弱、慣れない、気苦労の多い日々を過ごさざるを得なかった就活生に取っては束の間の骨休めになった事であろう。とはいえゴールデンウイークが終われば以前の生活に戻らねばならない。近い内に内定が取れれば良いが、そうでなければ周りの友人は次々に内定が決まっているのにと一人落ち込む事となる。
早速世間の洗礼を受けてヘタっている者たちは、誰が言い出したかも不明な言葉に振り回されているようだ。それは「自己実現」というこなれない言葉である。真面目な者ほど、この言葉に追いつめられる。
ユニ・チャームは、出産の予定がある女子学生が内定を得た場合、大学卒業後すぐに入社しなくても30歳までの間の希望する時期に入社できる制度を導入すると発表。優秀な女性が、出産や育児で入社の機会を失うのはもったいないと判断した。