netsuzo

問題のある政策を政権が推し進めようとするときに、それに歯止めをかけられるのも官公庁の重要な役割である。そしてその基礎となるべき合理的判断の重要な土台がEBPMだ。
ライバル紙ツァイト編集長「できるだけ魅力的に問題をドラマ化する傾向がある」と問題点を指摘
読売新聞の福島県・いわき支局の男性記者が取材せずに他紙の記事を後追いし、町長の談話も捏造していたとして、同紙は15日朝刊におわび記事を掲載した。
経済的に厳しい中で、頑張っている他の多くの子どもたちを大変傷つける行為です。
研究の再現性を確保するための作業は歯磨きに似ています。時間と手間はかかりますが、絶対に自分のためになるのです。
今年4月、AmazonはAmazonの販売者に対して金銭と引き換えに4つ星や5つ星の良い評価や商品レビューを行っていたウェブサイトの運営者を訴えた。
連合の次期役員体制に関わる報道が一部でありました。事実をねつ造されることは本当に困ります。大半の方々は大新聞の報道を信用しているのですから。
経緯を把握し直すことを通じて、科学関係者のみならず、一般国民にとっても、今後、科学をめぐる事件を冷静に見つめるうえで役立つヒントを提供してみる。
実は、”やらせ疑惑”の番組は今でも(3月24日1時00分)NHKの番組ホームページで見ることができる。