nichibeianpo

トランプ氏は、この半年間、安倍晋三首相に対して日米安保についての不満を伝えてきたという。
そろそろ「綱領」と「公約」を区別すべき。
大国・アメリカに媚びる日本、このままで良いのだろうか
2004年の党首討論において小泉総理が「自衛隊の行く地域は非戦闘地域である」と発言され、防衛庁長官としてフォローに追われた日々のことを思い出しました。
飛行機は落ちるときは落ちる。これは欠陥機であってもなくても同じだ。沖縄で民間人を巻き込んだらどうなるだろうか?
日本は今まで経験した欧米とのジレンマから脱却し、自分の果たせる役割に自信を持つべきだ。
昨年、大学進学を機に上京して驚いた。70年前に沖縄戦が終わった6月23日の「慰霊の日」が東京の大学生や若者の間ではあまり知られていない。映画を作って、沖縄の今の姿を知ってもらおうと思い立った。
戦後70年、安保法案が国会通過をしようとしている8月19日から8月22日の3泊4日の日程で、「積極的平和」の提唱者であり平和学の世界的権威であるヨハン・ガルトゥング博士来日ツアーを企画したものとして、伝えなければならないことがあります。
安全保障政策は、平和のための外交政策の一つのパーツに過ぎない。ジョセフ・ナイ元米国防次官補は、ハードパワーとソフトパワーとの概念を再定義している。
安倍首相は日本を偉大なアジアの国家にするという野望を公然と抱いている。