nichikanshunokaidan

河野談話が出されるに至る経緯を理解するためには、1992年1月11日の「慰安所への軍関与示す資料」という表題の朝日新聞の報道にまでさかのぼらなければならない。
日米韓3か国の首脳会談が日本時間3月26日未明、オランダで約1時間に渡って行われた。アメリカのオバマ大統領の仲介で実現したもので、安倍首相と朴槿恵大統領が公式に会談するのは初めて。安倍首相が韓国語で朴大統に話しかける場面もみられた。
外務省は21日、オランダのハーグで24―25日に開催される核安全保障サミットに合わせ、日米韓の3カ国首脳会談を開くと発表した。竹島(韓国名:独島)や歴史問題をめぐって冷え込む日韓関係が改善に向かうきっかけになるか注目される。
朴槿恵・韓国大統領が、日本側が呼びかけていた日米韓首脳会談に応じる可能性が「非常に高い」と、韓国の通信社・聯合ニュースが伝えた。
安倍晋三首相と朴槿恵・韓国大統領との首脳会談に向けた調整は、不調に終わったようだ。斎木昭隆外務事務次官は3月12日、ソウルを訪問し韓国外交通商省の趙太庸第1次官と協議したが、首脳会談への具体的な進展はなかった。
従軍慰安婦問題で、野田佳彦前政権が2012年秋、被害者へのおわびや人道支援などで最終的に解決させることで韓国・李明博前政権と合意しかけていたものの、衆院解散で頓挫していたことが分かった。朝日新聞デジタルが報じた。野田前首相が元慰安婦に送る手紙の文言で最終的な詰め...
朴槿恵大統領が、日韓首脳会談は困難との見方を表明した。「日本の指導部のせいで、信頼が形成できない」という。一方、韓国国内では日韓首脳会談開催を支持する考え方も増えているという。どのような背景があるのだろうか。