nipponkokukenpo

衆院選の結果次第では、初めて憲法が改正される可能性がある。
安倍首相は、「森友・加計学園問題ぐらいでは揺るがない」ことを証明したい。
日本は、国際社会における自らの地位について、「失われた26年」を過ごしてきたといえよう。
5月3日は、日本国憲法施行から70年の節目。そんな日に、安倍総理から改憲に向けたビデオメッセージが発せられました。
「これでいいじゃないか」――。日本国憲法起草のもとになった連合国軍総司令部(GHQ)草案の受け入れをめぐり、1946年2月22日に昭和天皇が幣原(しではら)喜重郎首相(当時)と面談した際の天皇の発言を示すメモが、憲法学者の故宮沢俊義・東大教授のノートに記されていたことがわかった。
自分なりの解が見いだせないままに呻吟の日々が続いています。
TPP協定、トランプ政権、天皇陛下の譲位議論、憲法改正…過去の歴史には、解決のヒントが詰まっている。
アメリカのバイデン副大統領は8月15日、「我々が(日本を)核武装させないための日本国憲法を書いた」と発言した。アメリカの政府高官が、日本国憲法を「アメリカが起草した」と明言するのは極めて異例だ。
5月3日は69回目の憲法記念日。5月3日は憲法の施行日ですので、この11月3日には現憲法が公布され70年を迎えることとなります。
「公」も大切です。ただし、それは「個」が尊重されることが前提です。私は、「個」よりも大切な「公」などないと考えています。そして、その絶妙なバランスの上に、私たちの生活と将来は守られているのです。