nissanjidosha

新型コロナ影響で、悲惨な状況だと言える日産の経営状況。内田CEOのインタビューとゴーン氏が話していることを比較して見えてきたこと。
この「不起訴相当」は、ゴーン氏が逃亡の理由とした「検察による逮捕の不当性」「日本の刑事司法の不正義」を判断する上でも重要性を持つ。
日産時代を彷彿とさせるような自信に満ちた様子で、大きな身振り手振りとともに表情豊かに持論を展開。記者に向かって30秒以上手を合わせる場面もあった。
カルロス・ゴーン被告は、「私はレバノンという国を尊重しています。レバノンが困惑することを申し上げるつもりはない」として“日本政府関係者”の詳細の説明を避けた。
スーツ姿で、日産時代を彷彿とさせる堂々とした饒舌なスピーチを披露したゴーン被告は、大きな身振り手振りで主張を展開した。
「日本に対する私の愛情、日産に対する私の愛情は、私がいま経験している厳しい試練を経た後であっても、少しも変わることはありません」とも語りました
報酬を50億円少なく記載したとする金融商品取引法違反の罪で、起訴されました。
支払を受けていない退職後の「支払の約束」であれば、それを「役員報酬」と呼ぶとしても、現実に受領する役員報酬とは、大きな違いがある。