onshitsukokagasu

伊藤秀二社長は、小中学生から「カルビーのポテトチップスはパーム油をどういうふうに使っているんですか」といった質問が増えていると明かした。
「食」の持続可能性をどう守るか。農林水産省が5月にまとめた「みどりの食料システム戦略」は、秋の国連サミットで提唱される予定です。
BMWが野心的な温暖化対策を打ち出した。今後10年で1000万台のEVを販売する計画だ。
日本政府に対し、2030年までの温室効果ガス排出量の削減目標を「62%」とするよう、大幅な引き上げを求めている。
「私たちは世界を楽しませることを目指しています。しかし、そのためには居住可能な世界が必要です」
「私たちは待つ必要はありません。今すぐ変わり始められるのです。私たちがその“人々”です」
世界の国々は、これをどのように実施していくのか。
背景には、世界的な食料需要の増加に加え、温室効果ガス排出削減への動きに支えられたバイオ・エネルギー需要の増加がある。