Panasonic

電設資材事業で世界市場4000億円の売上を目指すパナソニックーー。その成長に見る、日本企業のグローバル展開成功のカギ。インド工場における、現地社員の育成によるモノづくり改革、質の高い託児所設置…松下幸之助の哲学が、世界で受け入れられる理由とは。
PRESENTED BY パナソニック
パナソニックが、中国で生産し日本に逆輸入している洗濯機や電子レンジなど家電製品約40種類について、2015年春から、日本国内にある工場で生産する方針を固めた。
パナソニック<6752.T>は28日、三洋電機の全社員7000人が来年4月1日付でパナソニックに転籍すると発表した。事業統合に続き、人事給与体系も一本化することで「グループの真の一体化」を完了する。
パナソニックは7月25日、2003年11月から2013年1月に製造した家庭用給湯器「エコキュート」計103万台をリコール(無償修理・部品交換)すると発表した。同日、専用窓口を設置し対応を始めた
[東京 26日 ロイター] - パナソニック<6752.T>の津賀一宏社長は26日の定時株主総会で、2018年度の連結売上高10兆円(13年度は7兆7365億円)を実現するため「今期から成長戦略を仕込んでいく」と表明した。 法人向け(BtoB)事業へのシフトや、アジア・中国・中東・アフリカの「海外戦略地域」を強化する方針を示した。 2013年度は3期ぶりに最終黒字を計上。2年連続の巨額赤字から
15日付の日経新聞朝刊やNHKは、富士通<6702.T>とパナソニック<6752.T>が、車載や家電向け通信に使う半導体の設計・開発部門統合で、今秋にも新会社を設立することで合意したと報じた。
日経新聞は29日、パナソニックが個人向けスマートフォン市場から撤退する方向で最終調整に入ったと報じています。 日経の報道では、販売不振による営業赤字により、自社製造開発するスマートフォン事業と基地局事業を売却、今年の冬以降、NTTドコモには端末を供給せず、企業向けの専用端末や、EMSによる海外向け端末を展開するとしています。また、フィーチャーフォンについては中国で生産を続け、基地局事業については、ノキアへの売却の可能性を指摘。近く、本格的な交渉に入るとしています…
インターネットが放送を飲み込もうというこの時代に、テレビ受信機が家にあるからという理由で「受信料」を一方的に徴収するのは制度として無理がある。これからはテレビ受信機の機能の中核が「ネットに繋がったディスプレイ」に移行するからである。