riberaru

菅首相の退陣表明で自民党は窮地に立たされているのに、野党への期待感が高まらない。専門家は「『反自民』だけではない政策を」と訴える。
「多様性を認め、穏やかにお互いの尊厳を尊重し合いながら議論すべきだ」と言いたいところなのだが、それができない。
「表現の不自由・その後」展は、アート好きなリベラルの“敗北”に終わっていいのか?
枝野氏は自身の政治スタンスを「リベラルであり、保守である」と語る。
組織の風土が形作られようとしている今だからこそ、しっかりと認識しなければならないことです。
「希望」か、無所属か、新党か。考える時間は限られている。
「人間ってああいうものだよね」とも思うんですよ。
一つ目は「民主党を乗っ取ろう」