riberaru

「多様性を認め、穏やかにお互いの尊厳を尊重し合いながら議論すべきだ」と言いたいところなのだが、それができない。
「表現の不自由・その後」展は、アート好きなリベラルの“敗北”に終わっていいのか?
枝野氏は自身の政治スタンスを「リベラルであり、保守である」と語る。
組織の風土が形作られようとしている今だからこそ、しっかりと認識しなければならないことです。
「希望」か、無所属か、新党か。考える時間は限られている。
「人間ってああいうものだよね」とも思うんですよ。
一つ目は「民主党を乗っ取ろう」
鳥越俊太郎氏がインタビューで指摘した「デモをしない若者」は今何を考えているのか?「なぜ60年代安保の頃のように、市民運動をしないのか」という声に、若者支援に取り組んでいる「ブラックバイトユニオン」の渡辺寛人さんはどう答えるのだろうか?話を聞いた。