ridashippu

ブレイクダウンすることが何より重要で、そこから先は、ぜひチームのメンバーの意見を聞いて、全員の経験と知恵、意見を集めてみてください。
トップアスリートの中には、瞑想などの方法でマインドフルな状態を目指すものも多い。そこには、ビジネスマンにも応用可能な5つの理由があった。
仕事で何かミスがあった時、あなたのチームではどのような反応をするでしょうか。
Googleの新CEOに就任するサンダー・ピチャイ氏は「控えめで慎み深い人」だ。いま、アメリカではこういった謙虚な経営者に熱い視線が注がれている。
ネガティブでいるよりもポジティブでありたいと思うのは当然のこと。しかし「いつもポジティブを目指す」と言うのは、はたして本当に良い結果をもたらすだろうか?
なぜ恩返しという言葉にくらべて、恩送りという言葉はかくもマイナーなのだろう。
シンガポールを、現地のある人が「明るい北朝鮮」と表現していました。それは生活満足に裏打ちされた知的ジョークなのか、本音をオブラートに包んだメタファなのか。
会社では「期待する人物像」を従業員に伝えるのは、大事なことだというのが共通認識ですが、これは効果的でないどころか、へたをすると逆効果にさえなるかもしれません。
「思いやり」の心を持つことが、あなたの脳に利益を与える・・・と言ったら、なに言ってるの、この人ぉ・・・と、かなりの確率で思われるのではないだろうか。
内向的な人が活躍できる時代になった。これからもますますその傾向が強くなるだろう。そういう記事を目にするようになった。