ripurodakutibu-herusu

漫画『あの子の子ども』が、性教育に関わる人たちの間で注目を集めている。高校生の妊娠をテーマにした作品は、なぜ生まれたのか。作者の蒼井まもるさんに聞いた。【2022年 上半期回顧】
ロー対ウェイド判決を覆したアメリカ連邦最高裁の判断に抗議するビジー・フィリップスさん。「私たちは、体の自己決定権が全ての人に適用されることを保証しなければなりません」と訴えている。
映画『プラダを着た悪魔』の公開16周年を祝う投稿の中で、主演したアン・ハサウェイさんが米最高裁の中絶の権利を覆す判決について言及しました。
「こんな事が日本で起きないためにも。当たり前と思ってる権利をある日突然奪われないためにも、ぜひ投票権のある方は投票してください」(SHELLYさん)
少女が合法的に中絶するのを妨げた可能性があるなどとして、判事の解任を要求する動きも。判事に対する調査も始まっている。
アメリカ連邦最高裁が「妊娠中絶は女性の権利」と認めた過去の判決について、覆す見通しであることを示す草案の内容が報じられたことを機に、抗議活動が各地に広がっている。
定期接種の機会を逃してしまった、1997~2005年度生まれの女性たちが対象となります。
「小さないのちのドア」に実際に寄せられた相談を基にした、6つの物語。思いがけない妊娠で追い詰められる女性や生まれてくる命を、そばで支える人たちがいます。
「緊急避妊薬や予期せぬ妊娠に関する問題を女性の無知のせいと非難したり、自己責任とする社会を変えていきたい」。啓発活動のためのクラウドファンディングが始まっています。
性感染症治療では検査を行うことがないので、患者さんが自分の症状を正確に伝えてくれるかどうか、がとても重要です。