ripurodakutibu-herusu

「緊急避妊薬や予期せぬ妊娠に関する問題を女性の無知のせいと非難したり、自己責任とする社会を変えていきたい」。啓発活動のためのクラウドファンディングが始まっています。
性感染症治療では検査を行うことがないので、患者さんが自分の症状を正確に伝えてくれるかどうか、がとても重要です。
シリア難民の女性や子どもが、難民となって流出する最大の理由が性暴力である。
資金拠出の停止は、女性が緊急に必要としているケアを受けたり、自分自身の選択に関する情報を受け取るために欠かせないリソースを台無しにしてしまう。
世界保健機関(WHO)は毎日約830人の女性や少女が、妊娠や出産の際に避けられるはずの問題が原因で死亡していると算出している。
子宮内膜症は女性みんなが知っておくべき病気。だから、自分の体験シェアします。
「中絶を禁止しても中絶の数は減りません」
発展途上国や紛争地域の女性や少女たちにとって致命的になる可能性も。