rodokumiai

芳野氏は、ミシンメーカーであるJUKIの労組などを経て、金属・機械系中小企業の労組などでつくる産業別組織JAMの副会長も務める。
練馬区に住む夫婦と子ども2人の4人家族の場合。「若年世代にとって家族を持つことはステイタスになってしまっている」
全国に約400万人いる地方公務員と教職員。こうした人たちがハラスメント被害に遭っても十分守られないかもしれません。背景には、ある誤解があります。
新型コロナウイルスで立場の弱さが浮き彫りになった個人事業主、人材確保を図りたい会社側双方にメリットとなりうるモデルの一つとして注目されそうだ。
「今すぐお金がもらえないならここで死んでやる」。千葉県松戸市役所を訪れた男はそう言って包丁を自身に向けたという。
政府に対し、労働者への直接的な支援制度を整えることや、新型コロナウイルスの感染拡大を理由にした雇い止めなどを行わないようメッセージを出すよう求めた。
現場の従業員と経営側の交渉はほとんど進展していない。
「徴収の困難度が増している中で新しい基準が運用されると、地域スタッフの収入が減り、制度の維持が難しくなる」
「私たちはロボットではない、人間だ」などと訴えました。
愛知県の農家で働く技能実習生5人が、長時間労働や賃金の未払いがあったとして、豊橋労働基準監督署に事実関係の調査を申し立てた。