roshiagun

ロシア国防省は16日、ロシア軍が5月下旬にシリア国内で実施した空爆により、過激派組織「イスラム国」(IS)の最高指導者、バグダディ容疑者が死亡した可能性があると発表した。
北方領土の国後島と択捉島で、ロシア軍が最新鋭のミサイルシステムを配備したと、11月22日にインタファクス通信が伝えた。
プーチン氏は「マラヂェッツ!(よくやった)」と称え、苦笑いしたという。
トルコは領空侵犯に対する正当な対応との立場を崩しておらず、両国間で非難の応酬が続いている。
ロシアのプーチン大統領は24日、「テロリストの共犯者ら」による背信行為としてトルコを強く非難、両国関係に重大な影響が及ぶとの認識を示した。
[モスクワ 9日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は、東部などで親ロシア派と政府軍の戦闘が続くウクライナ情勢について「袋小路」に陥っている、と警告した。ウクライナ政府に対して、東部での軍事作戦を停止するとともに、親ロシア派支配地域に対して経済的な圧力をかけることを止めるよう要求した。 11日に予定されている独仏露ウクライナ首脳会談の前に、エジプト紙とのインタビューに応じた。プーチン大統領は
ウクライナのポロシェンコ大統領は10日、同国東部に駐留していたロシア軍の70%がロシア領へ撤退したとの見方を示した。ウクライナ政府と親ロシア派は5日に停戦合意しており、和平プロセスに対する期待が高まっている。
ウクライナのポロシェンコ大統領は8月30日、ベルギーのブリュッセルで行われているEU(欧州連合)首脳会議に招待され、ウクライナの現状を「後戻りできない状況に迫っている」と述べ、ウクライナ東部にロシア軍が侵攻している状況を強く非難した。
ウクライナのポロシェンコ大統領は28日、親ロシア派を支援するため、ロシア軍部隊がウクライナ領内に進入したとして激しく非難した。