ryuseigun

7月7日の「七夕」のほか、日本全国で「土星食」を楽しむことができます。みずがめ座δ(デルタ)南流星群の活動が極大になるのはいつ?7月の天体イベントをまとめて紹介します🪐🌕
5月はゴールデンウィーク(GW)にみずがめ座η(エータ)流星群が出現します。また、月と土星や火星との接近にも注目です。
ふたご座流星群は出現する流れ星の数の多さから、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と共に「三大流星群」の一つとされています。
流れるスピードが速い事で知られるオリオン座流星群。2023年は21日深夜から22日明け方が一番の見頃となる予想です。
8月は三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」が活動のピークを迎えます。見頃はいつなのか解説します。
5月も月と惑星に注目です。ゴールデンウィーク(GW)後半には、みずがめ座η(エータ)流星群が出現のピークを迎え、日本全国で半影月食も起こります。5月も天体イベントをお楽しみください。
7月は楽しみな天体イベントが盛りだくさん。スーパームーンなど月と惑星に注目! 七夕や流星群も。
明日5月6日(木)は「みずがめ座η(エータ)流星群」が活動の極大を迎えます。
1月3日夜に観測のチャンス。1時間に最大20個程度の流れ星が見られると予想されています。 「しぶんぎ座流星群」の名前の由来は?