saiensupotaru

地方の小さな博物館も存在感を示して活躍している。北海道むかわ町穂別の白亜紀末(約7200万年前)の地層から採取されたアンモナイトの化石が新種とわかった。鑑定した国立科学博物館の重田康成研究主幹とむかわ町立穂別博物館の西村智弘学芸員がアナゴードリセラス・コンプレッサムと名付け、7月1日の日本古生物学会欧文誌パレオントロジカル・リサーチに発表した。穂別博物館として新種の記載はこれで海生爬虫(はちゅう)類など8例目。重田さんと西村さんは昨年も2回、アンモナイトの新種を報告しており、相次ぐ発見となった。
老化した個体の行動変化の一因が、特定の匂いを感知する嗅覚神経細胞の細胞死であることを、東京大学大学院薬学系研究科の千原崇裕准教授と三浦正幸教授らがショウジョウバエの実験で突き止めた。老化過程の脳の神経や行動の変化を探る新しい手がかりになる発見といえる。6月27日の米オンライン科学誌プロスジェネティックスに発表した。
山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)は6月27日、鳥類の研究や保護で功績にあった人々を顕彰する山階芳麿賞の特別賞を、橘川次郎(きっかわ じろう)オーストラリア・クイーンズランド大学名誉教授(84)と小西正一(こにし まさかず)米カリフォルニア工科大学名誉教授(81)に贈ると発表した。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6月27日、鹿児島県の種子島から5月24日に打ち上げた陸域観測技術衛星「だいち2号」のLバンド合成開口レーダー(PALSER-2)で取得した初画像を公開した。
錯覚は身近にあふれている。青く見える人間の静脈は実は灰色で、錯視によって青色に見えていることを、立命館大学文学部の北岡明佳(きたおか あきよし)教授(知覚心理学)が発見した。北岡教授は「理科の教科書や医学書でも静脈は青色で示されており、小さい頃から当たり前だと思っていたことなので、驚いた。『青筋をたてて怒る』は、物理的に言えば『灰筋を立てて怒る』になる」と指摘している。
東京大学(東大)の超小型衛星「ほどよし3号」「ほどよし4号」が、ロシアのドニエプルロケットでロシア・ヤスネ基地から6月19日(日本時間20日)に打ち上げられた。打ち上げと初期運用は順調に進み、ほどよし4号が撮った最初の広角カメラ画像がダウンリンクされた。
中央アフリカに生息する野生のチンパンジーとゴリラで、柔軟な行動が京都大学大学院理学研究科の山極寿一教授らによって新たに見つかった。いずれも類人猿や人類の進化を考えるのに示唆に富む発見として注目される。
生物の細胞が分裂する際には、核の中の染色体が正しく分配されねばならない。その染色体分配に重要な役割を担う中央のセントロメア形成の分子スイッチを、国立遺伝学研究所の堀哲也助教や商維昊(ウェイハオ・シャン)研究員、深川竜郎(ふかがわ たつお)教授らが見つけた
中性子が非常に多い原子核に現れる「中性子ハロー」と呼ばれる特異な構造が、中性子数の過剰な同位体のマグネシウム37(37Mg)にもあることを、東京工業大学大学院理工学研究科の大学院生だった小林信之さん(現・東京大学、日本学術振興会研究員)、中村隆司教授らが理化学研究所(埼玉県和光市)の大型加速器、RIビームファクトリー(RIBF)の実験で発見した。中性子ハロー構造が実験で確認されているなかでは最も重い原子核となった。
木星の周りを回る大きな衛星が、木星の影に入り太陽光に直接照らされていない「食」の状態にもかかわらず、ごくわずかに輝いていることを研究チームが発見した。
ゲンジボタルは、約1秒光って約1秒消える2秒周期程度のLED発光に同調発光する。ただ、性質が慎重なのか、光には近づかない。
日本列島の植物の保全は急務である。そのことを知らせる研究が報告された。
ポルトガル沖のカディス湾とイベリア大陸縁辺部の海底で掘削、採取した堆積物柱状試料(コア)に、地中海の水がジブラルタル海峡から北大西洋に流れ出る「地中海流出水」によってできる堆積物を、国際チームが確認した。
1回だけのごくわずかな採血で血液中のマイクロRNAをすぐ検出して、乳がんや大腸がんなど13種類のがんと認知症を早期発見する次世代診断システムの大規模な開発プロジェクトが始動した。
エピジェネティクスの代表格のDNAメチル化をマウス個体全身の細胞で生きたまま可視化することに、大阪大学微生物病研究所の上田潤特任助教と山縣一夫特任准教授らが世界で初めて成功し、このマウスを「メチロー」と名付けた。
大学院を修了して博士号を取得したポストドクター(ポスドク)の就職難は誠に深刻である。その実態の一端を、科学技術・学術政策研究所の小林淑恵(こばやし よしえ)上席研究官と渡辺その子総括上席研究官がまとめ、6月5日発表した。
赤血球からミトコンドリアが除去されるのは、新しいタイプのオートファジー(自食作用)によることを、東京医科歯科大学難治疾患研究所の清水重臣教授と本田真也助教らが解明した