sangosho

フランス領タヒチ島沖に広がっていました。今回の発見は、海の生物多様性に関する研究にも役立つ、とユネスコは期待しています。
わずか数台で、数十人のレンジャーやボランティアの仕事ができるだろう。
サンゴ礁に悪影響の恐れがある化学成分を禁止。製薬会社や皮膚科医団体などが反対を表明していた。
北部で生まれた個体は、幼体の99.1%、亜成体の99.8%、成体の86.8%がメスであったことが判明した
2016年を通じて、大きな話題となった世界各地でのサンゴの大規模な白化現象。沖縄の海でも、広くその現象が確認され、サンゴ礁環境への影響が懸念されました。
現在の状態のまま今後海水温の上昇が収まらなければ、2050年台半ばまでは世界中の珊瑚礁の50%が失われるとのこと。
「最も衝撃的なのは、魚の減少です」
グレート・バリア・リーフでこれまでないほどの規模の大きなサンゴの白化現象が起こり、この地域のサンゴ礁の3分の1以上が死滅してしまった。
この数十年間、開発などにより多くの海域でサンゴ礁は壊滅的な打撃を受けてきました。現在でも陸地から流れ込む赤土は、その大きな脅威の一つになっています。