satooya

子どもの福祉のための制度だが、当事者への支援は十分でない面がある。そのはざまで苦しむ人たちもいるのが現状だ。
「差別することなく助け合いたいと思ってもらえる家庭を作りたい」。2月に養育里親に認定された愛知の同性カップルが、気持ちを綴ってくれました
アメリカ・フロリダ州にある動物保護施設。開設以来初めての快挙を喜ぶ職員の動画を投稿した。
児童養護施設を出たあとの若者の生活に寄り添う「アフターケア」の充実が課題となっている。
結婚、出産をテーマに女性の迷いや苦悩を描いてきた作家の甘糟りり子さん。作品に込めてきた思いを語りました。
令和という時代に私たちが考えるべき「家族のカタチ」という特集を放送した。
ただ大人本位でかわいがったりするのではなく、子供が権利の主体であることを認識することが大事。
どんな子供にも、社会のどこかに居場所を見つけてあげたいから