shashin

日本にも、紛争から逃れてきた難民の背景を持つ人たちが暮らしています。写真家のホンマタカシさんが、日本で暮らすシリア人の若者2人の姿を撮影しました。
生成AI作成画像を対象にした写真コンテストで入賞したのは、人間が撮影した本物のフラミンゴの写真でした。
「見返さない」という回答もあった一方、写真を見ると「楽しかった思い出がよみがえり、幸せな気分になれる」というコメントも寄せられています。
「大久保の街は、混ざっているから面白く、いろいろな人が入ってきたり出て行ったりする変化の激しい街です。大久保はあらゆる人が受け入れられる。そんな場所だと思います」
あしかがフラワーパークに毎年通っているという蜷川さん。「その時の色々な重なりで風景が違ってくる」と、写真への思いをつづりました。
他校に子どもの部活の試合を見にいったら、桜の花びらの吹き溜まりが…。
蜷川実花さんの感性で映し出された弘前の桜の写真に、感動の声が広がっています。