shinbunkokoku

1キャラクターの顔が1面いっぱいに印刷されている。各紙3キャラずつで、全部で15キャラとなる。
「史上最年少の東証一部上場企業のCFO」として、18歳以下から人材を募集するという前代未聞の広告を朝日新聞の朝刊に掲載。株式会社ユーグレナの狙いとは...?副社長に聞いた。
ニューヨーク・タイムズが、トランプ大統領が就任以降についた100の嘘を列挙した紙面を作った。
ベッキーが、29日の日本経済新聞朝刊に掲載される出版社・宝島社の企業広告にモデルとして登場した。
アメリカ新聞協会(Newspaper Association of America:NAA)のデータによれば、2013年の新聞の広告売り上げは1950年以下とのことが明らかになりました。1950年〜2013年までの新聞広告の売上推移を示した上記のグラフを見ると、1950年は200億ドル(約2兆円)で2013年は173億ドル(約1.7兆円)と少し下回る数字を記録しているのです。
これから企業は、各種課題に対して消費者に向けてオピニオンを伝えなければならない局面が増えるだろう。ただ、企業の主張をそのままマスメディアを通して幅広く伝達することは易しくない。意見(オピニオン)広告なら可能かもしれないが、その利用はかなり限定されるだろう。そこで注目されているのがネイティブ広告である。