shogakukin

新型コロナ感染拡大によって、海外に留学中の日本人学生は奨学金停止のうえ、早期帰国するよう日本政府から指示を受けました。これに対して声を上げ、奨学金継続を実現したワルシャワ大学留学生の高松秀徒さんに話を聞きました。
今年度補正予算にこの一部として、対象世代が研修に参加するためなどの交通費を支給したり、奨学金の返済を支援したりするための費用を盛り込む。
「自己責任論に染まった、冷たい人間だった」。母子家庭で育ち、苦学の末に東大に入った女性は、かつての自分をそう振り返る。
機構から知らされないまま返還を続ける保証人は延べ1200人を超える見通しだ。
現在、380万円未満の世帯の子どもの高等教育機関への進学率は4割程度
未返還の国の奨学金について、保証人は半額の支払い義務しかない。
社会人入試と編入試験が対象。50代は50%、60代なら60%と年齢に応じて免除額も上がる。
延滞金は死後の分も含まれていた。