shotengai

アートの名所として知られる金沢21世紀美術館の近くに、幻想的なデジタルアートを楽しみながら、金沢の食文化や地ビールなどを味わえるお店がある。
2013年に大阪の「文の里(ふみのさと)商店街」で企画・制作された、化粧品店「ビューティーショップ ドリアン」のポスターがネット上で話題になっている。
政府は空き店舗が立つ土地への課税強化を検討する方針を決めた。「シャッター通り」の増加が大きな課題になっているが、空き店舗活性化を妨げていると指摘されてきた。
居間のような部屋では、女性と男性がテーブルを前にお茶を飲みながら、おしゃべりしているようだった。
参加者から「長年島に住んでいたけれど、住んでいる地域以外のお店は、ほとんど行った事がなくて、イベントをきっかけに新しいお店に出会えて楽しかった」という声もありました。
日本には国内旅行客や訪日外国人が多く訪れる「観光地」と呼ばれる地域が多くあります。そのなかでも代表的な日本の「観光地」と呼べるのが「京都」ではないでしょうか。
生産者である「作る人」と消費者である「食べる人」が、直接出逢い、言葉を交わし、販売する「マルシェ」が、日本各地で人気を集めています。
政治家・議員は「票を金で買う」とよく言われます。
地域クラウドファンディングサイト「FAAVO」兵庫版で、神戸元町6丁目商店街に、活性化のため空き店舗を活用したコワーキングスペースをつくるプロジェクトが実施中。
ほしいと感じているニーズに対してターゲットをぐっと絞る事で、サービスの利用を加速させる。そして、そこから次の商品につなげる。知恵一つで、流れを変えて行く、地方の小さな事業者の事例として、とっても注目のサービスですね。
商店街の活性化に向けて、イベントを行ったり家賃補助をしたり、と言った取り組みが行われてきた。が一方で、単発のイベントでは本質的な解決につながらないのでは?といった声も大きい。
中心市街地活性化のために交通網を整備しろとか、駐車場とかって話をなぜ今更まだおねだりするのだろう。
街の小さなテーラーでも価値の高い製品を作る術は持っているのです。「そんなテーラーがなくなってしまって良いのか」、単純にそう考えています。
東京都世田谷区の小田急線祖師ケ谷大蔵駅前の商店街に、ウルトラマンタロウをデザインした街路灯が新たに完成した。
最近、「シャッター街再開発.com」というのを思いつきました。どんな地方都市にも借り手がいない物件がたくさんあって寂れている商店街ってあると思います。そんな借り手がない物件を地方行政に補助してもらって、格安で物件をインターネット上で公開するんですね。