siri

iOSの最新のベータ版で2つの新しい声を追加し、これまで「女性」の声が選択されていたデフォルトを廃止した。
またiOS 11以降には「Siriに話しかけるのではなくタイプ入力できる」機能も追加されています。
Apple純正「落とし物トラッカー」から、新型iPad Proまで。気になる噂を一挙にお届け
音楽と深い関わりのあるアップルが、音楽を楽しむスピーカーとして開発した。
アップルは来年、Siriのエコシステムを成長させるべく“SiriOS”を発表するとの見通しが述べられている。そうした「音声経済」の市場は、2025年までに1兆ドルの規模になると予測。
UCB、浙江大学等の研究者が超音波ハッキングを発表
完全ケーブルレスな設計が特徴の同製品。果たして使い勝手はどうなのでしょうか。
AppleのSiriやマイクロソフトのコルタナのような「音声コミュニケーションUI」がつきものになり、その価値をより広い家電に生かそう、という発想も出ている。
労働現場にいるロボットは、仕事の幅を広げ、新たな種類の仕事を生み出す機会をもたらす。
クリスマスの日、子供がなかなか寝付かなくて困っていた親が、iPhoneの音声アシスタント「Siri」に、サンタがどこにいるか聞いたところ、こんな回答が返ってそうだ。