songenshi

健康に問題のないペットの安楽死は許されるのか?SNSには批判的なコメントが相次いだ...
医療技術が発展していく中、どこで治療の線引きをするべきなのか。このことも今後は考えていく必要があるのではないでしょうか。
入院先のロンドン市内の病院に尊厳死を勧められていたイギリス人の赤ちゃんが7月28日、延命措置の中止によって亡くなった。
尊厳死を勧められていた赤ちゃんの両親が、治療を断念すると発表した。
尊厳死論争の渦中にいる赤ちゃん、チャーリー・ガードくん。病院スタッフや、病院に入院する他の子どもの家族に、数千の脅迫が送られている。
豊かに生きるための安楽死とは? 友人であるマリーケの歩みや、安楽死希望の登録をした筆者の経験とともに考えてみたい。
死と向き合ったとき人間が最も恐れるものは、「死」そのものではない。
法案可決後、キリスト教の神学校に通っていたブラウン知事が法案に署名するかどうかに注目が集まっていた。
アメリカ・カリフォルニア州の議会で9月11日までに、安楽死・尊厳死を合法化する「死ぬ権利」法案が可決した。
カリフォルニア州では「医師による安楽死を認める法案」が6月4日に上院で可決されていたが、カトリック教徒が多い地域出身の議員からの反対を受けて下院への提出が断念された。しかしこの法案の推進者たちはまだ諦めていないようだ。