sorapaneru

中国が世界でもっとも愛らしい太陽光発電所を建設した。
ラスベガスは、今では再生可能エネルギーだけに頼るアメリカ最大の都市となった。
Tesla創業者兼CEOのElon Muskが、新しいTeslaのソーラールーフ製品は普通の屋根よりも見栄えが良い、と言った言葉は冗談ではなかった。
雨でも希望を捨てなくても良くなるかもしれない太陽電池パネルが開発された。
ソーラー産業は将来的に伸びる。少なくとも現在の数値を見るかぎりは。
ノースカロライナ州のある町が、太陽光発電所建設計画を退けた。
堤防がわりの丘が削りとられていたことは、以前から指摘されていました。
2012年にスタートした固定価格買取制度で、太陽光発電設備に投資すれば確実に利益がでるために急増しました。土地さえもっていれば、これほどいい利回りで稼げる事業は少ないのではないでしょうか。
不動産の価格が上がり続けているカナダのブリティッシュコロンビア州では、「マイクロホーム」と呼ばれるトレーラーで運べる超小型住宅が広がりつつある。このマイクロホームを集めた村もオープン予定だ。
2014年11月にアムステルダムに設置された世界初のソーラーパネル付きの自転車専用道路が、開通後6カ月で期待以上の成果を上げている。これまでに一人暮らしの世帯1年分の電力をまかなえるエネルギーを生み出したという。