sunakawajiken

「公立美術館なので、それに合う形態の展示をしなければならない」
「『自衛の為の措置をとりうる』とまでいうが、『自衛の為に必要な武力か、自衛施設をもってよい』とまでは、云はない」
戦後の日本の為政者の一部は、法を尊重する意志が乏しかった。