suppin

ドラマ「だから私はメイクする」の脚本を担当した坪田文さんは、「中毒」を自認するほどメイクが大好きだ。「楽しんであれこれ試しているうちに、気が付いたらコンプレックスも薄れていた」