taifu16go

10月1日午後、千葉県いすみ市の大原地域佐室地区を対象に「緊急安全確保」【警戒レベル5】の情報が発令されました。
今後、加速しながら北東へ進み、2日夜には日本の東で温帯低気圧に変わる予想だ。
台風16号の影響で、伊豆諸島や関東地方を中心に非常に激しい雨が降るおそれがある。台風の接近で準備しておくべきことは? 大切な10のポイントをまとめました。
10月1日(金)に伊豆諸島近海を通過する見込み。伊豆諸島では瞬間的には50m/sの猛烈な暴風や大雨に厳重な警戒が必要。関東でも風や雨が強まるおそれがあります。
今後は段々と速度を上げながら北東へ進路を変えて、10月1日頃には伊豆諸島や関東の近いところを通過していく可能性があります。
台風16号の最新情報です。週の後半には関東など本州太平洋側で雨や風が強まる恐れ。早めの備えが必要です。
大雨や暴風から身を守るには、事前の備えが肝要。どんな準備をしておけば良いのだろうか。知っておくべき10のことをまとめた。
台風16号は、暴風域を伴いながらフィリピンの東を北西に進行中。猛烈な勢力の台風に発達する予想です。
進路次第で日本への影響が大きくなるおそれがあるため、今後の情報に注意してください。
日本への影響は?気象庁によると、台風16号はフィリピンの東の海上を北西に進んでいる。非常に強い勢力に発達し、日本の南の海上を北上する見込み。
気象庁が、24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しました。発生すると「台風16号」と呼ばれることになります。
マカオが用意した名前の意味は……?
台風16号は昼頃にかけて四国沖を進むでしょう。日中は西日本、夕方以降は東日本で荒れた天気になる見込みです。太平洋側を中心に大雨や暴風、高波に警戒が必要です。
西日本から東日本にとって、危険なコースとなる恐れが出てきています。
最新の気象情報をこまめにご確認いただき、無理のない行動をとるようにしてください。
台風15号は沖縄本島地方を暴風域に巻き込み北上中。
2つの大型台風が太平洋で勢力を増し、日本列島に接近中です。ハフポストUS版もこの2つの台風についての記事を掲載。今回はそこから気象用語を拾ってみました。
来週の天気は台風15号の進路次第といえますので、こまめにチェックすることをおすすめします。
大気の不安定な状態が続きます。18日火曜にかけて、近畿~北海道の所々で雨雲やカミナリ雲が発達する見込み。
台風16号は東よりに進み、次第に日本に近づく見込み。湿った空気の影響で、24日は西日本を中心に大雨の恐れ。