tenmongakusha

天文ファンの少年同士の交流が時を超えて再開。心温まるエピソードが、Twitterで話題になっています。
東京・六本木の国立新美術館で2月21日に開幕する「ルーヴル美術館展」で、フェルメールの名画「天文学者」が初来日する。第二次大戦中にはナチス・ドイツに押収されるなど数奇な運命をたどった作品だ。
太陽に似た恒星約500億個うち約22%が、表面に液体の水を保持するのにちょうどよい軌道距離の惑星をもっていることが明らかになった。言い換えれば、そのような恒星の5つに1つは、いわゆる「アビタブル・ゾーン(生命の生存に適した宇宙の領域)」内に地球サイズの軌道周回惑星をもっていることになる。
それは長く科学者や天文学マニアたちのあいだで物議を醸してきた問題だ: 果たして火星に海はあったのか?