toruman

「メルボルンから東京までは長い道のりだった」
バラク・オバマ大統領の広島訪問は、原爆使用の歴史的決断をめぐる通説を考え直す良い機会を与えてくれる。
思い出して欲しい。アメリカ大統領の演説が、どれほど社会や政策決定に影響力を持ち続け、そして、夢物語でさえ実現させる原動力となるかを。
アメリカのインテリジェンス・コミュニティにとって、極めて頭の痛い仕事ができた。
モスクワは8月8日午後5時(日本時間午後11時)。日本の佐藤尚武・駐ソ大使は、ソ連のモロトフ外相と向き合っていた。
日本時間の8月7日未明、アメリカのトルーマン大統領は声明を発表し、「原子爆弾」であることを初めて明らかにした。
70年前の1945年8月1日深夜から2日未明にかけて、アメリカ軍のB29が来襲、富山、八王子、水戸、長岡を空襲した。しかし「死傷者は極めて少数」と報じられた。
アメリカ時間の5日(日本時間6日)、英・競売会社ボナムスは、第二次世界大戦の関連資料をニューヨークで競売にかけた。