toyosu-shinshijo

冒頭、開始時間に委員長を含む自民党都議全員が遅刻するという異常事態...。
第2回の「市場問題プロジェクトチーム会議」にて、豊洲新市場の建物の安全性について議論がかわされました。そこで、重要な進展がありました。
豊洲新市場の進捗について、10月3日からは地下水位も発表されており、その現状を聞き取りしてまとめました。客観的な状況をご報告したいと思います。
中央区議会議員は、柱の写真に対して「目視で確認していない」と言い切っています。
経緯を知る石原慎太郎元都知事にもこの問題にかかわる責任があるとの考えを示した。
「(本人は)そのやりとりも大して覚えていないわけよ」
「やっぱり、都の役人ってのは腐敗してるね。そう思った」
なぜ我々都議会議員たちが、盛り土の実施状況やその説明資料の誤りに気がつくことができなかったのでしょうか。
都職員の、少なくとも技術者レベルでは間違いなく共有されていたはずの事実が、なぜ重要な広報レベルで歪んでしまったのか。
東京都の小池百合子知事は9月10日に緊急の会見を開き、築地市場から移転予定の豊洲新市場で、汚染土壌を取り除いたあとに土を盛る「盛り土」が、主要な建物の地盤で行われていなかったことを明らかにした。