yamayurien

「遺族の気持ちがないがしろにされるようで悲しい。残念に思う」などと訴えています。
4参加者や採火のやり方といった具体的な方法を決める中で、被害者家族や遺族とやりとりし、意向を踏まえて詳細を決定する方針という。
神奈川県の提案を受け、「やまゆり」は日本手話研究所により標準手話として2020年2月に登録された。手の動きを説明する動画も同研究所ホームページに載っている。
「謝罪の気持ち、反省が見えるのかと思って彼を睨みつけるように見てきたが、一度も見えたことはなかった」と語りました
脳性まひの障害を持ち、障害者と社会のかかわりについて研究を重ねてきた、東京大学先端科学技術センター准教授、熊谷晋一郎さんと考えます。(聞き手:安田菜津紀/2020年1月22日)
「津久井やまゆり園」で障害者ら45人が殺傷された事件の初公判が始まった。死者19人のうちの一人の遺族が娘の実名を明らかにしました。
職員一人ひとりが差別・偏見をなくす決意をし、行政組織が一体となって改善していくことが必須であると思えてなりません。