yomei

2人にひとりががんになる時代。デザイナーの広林さんにとって、がんと生きるとはどういうことか。
「静かな時間が流れています。川のせせらぎのように、とても穏やかです」
「とても居心地の良い、リラックスした雰囲気でした」
厚生労働省の簡易生命表では現在の58歳男性の余命は25年。これによれば私は83歳まで生きられるらしい。
今回は、皆さんからよく受ける質問をご紹介しつつ、「ケア」の意味を考えていきたいと思います。
「遠い将来に目標を定めて生きるのではなく、今できる目標に向かって生きよう」
イギリスに住む幼い少年は、あと数週間の命といわれていた。そんな彼の願いは……。
このブログの著者オレン・ミラーは2015年2月28日に亡くなった。彼が発信した美しい言葉に感動した人々が、彼のことを忘れることはないだろう。
オレゴン州在住の女性、ブリタニー・メイナードさんは、末期癌という診断を受け、 尊厳死の選択という患者の権利を積極的に提唱してきた。地元紙「オレゴニアン」によると、ブリタニーさんは11月1日に29歳で死去した。
ブリタニー・メイナードさんは11月1日に死ぬことを計画している。そして、自分と同じ境遇の他の人々にも終末期の選択肢を広めようと活動している。