zaitakuiryo

厚労省の「家族会議ポスター」が物議を醸している。そもそもACPとは何なのか?
あまり在宅医療というツールにこだわりすぎない方がいいと思います。
死へのプロセスですら病院で扱われるべき「病気」となってしまっているかのようです。
入院は「家で過ごすための準備期間」と、概念が変わるように取り組んでいきたいと考えています。
「『へき地医療ってこんなに大変なんだ』と、医師不足の実態を肌で感じた」
父が入院することになった2009年11月からちょうど4年後の2013年11月、今度は母に大腸ガンが見つかりました。
小林麻央さんは、亡くなるまで、夫の市川海老蔵さんや長男勸玄君、長女麗禾ちゃんら家族と自宅で過ごした。
4月から、診療報酬と介護報酬の同時改定に向けた議論が本格的に始まりました。