zoge

「動物たちを保全する側に、そろそろ日本も回ってほしいと思っています」
野生生物の違法取引の規模は現在、年間2兆9,000億円と試算され、世界4大犯罪のひとつに数えられています。
調査の結果からは、いまだ十分とはいえない国内の象牙取引管理の実情が見えてきました。
現在1年間に殺されるアフリカゾウの数は推定で約2万頭。
WWFジャパンは、環境省、経済産業省、財務省、外務省の各大臣に対し、要望書を提出しました。
近年では年間推定2万頭を超えるゾウが犠牲になっている
日本の象牙市場に供給している現場の一つが、全国各地で開かれている骨董市や古美術街です。