The Blog

【ホントにこれでできる?】家にあるアレで、夢の「自家製ウインナー」体験

使うお肉や中に入れる具、それに味付けを変えて自分だけの1本を楽しめるのが手づくりソーセージの魅力。

茹でてよし、焼いてよし。ビールのお供からお弁当のおかずまで何かと重宝するジューシーなソーセージ。日本で初めて本格的なドイツ式ソーセージがつくられたのは大正時代のことで、今から100年ほど前。第一次世界大戦で捕虜となっていたドイツ兵のなかにソーセージ職人いたことがそのきっかけだったとか。

ビールは当時すでに日本でもつくられていましたから、ソーセージをつまみながらビール、なんて幸せな楽しみ方もすでにあったかもしれませんね。

そんなソーセージづくりといえば、羊や豚の腸に肉を詰めて...とちょっと手間のかかるイメージですが、じつはどの家庭にもあるもので簡単につくることができるんです!

●サランラップで包めば「本格派ソーセージ」もとっても簡単に!

お好みのハーブを効かせた豚のひき肉を、棒状にしてサランラップにのせたら両端をくるり♪あとはタコ糸でしっかりとしばったら、冷蔵庫で1日寝かすだけで本場のソーセージの味が再現できます!ゆでるときはラップで包んだままで。冷蔵庫では2~3日、冷凍庫では3ヶ月ほど保存できるところも◎です。

▼レシピをチェック!

●ソーセージは「マスタード」をつけて食べるとなぜおいしい?

こちらはセージとバジルをたっぷり入れてつくったソーセージ。さらにこちらのレシピでは、ラップに包んで寝かせたら油でカリッと焼き上げて、マスタードをたっぷりとかける食べ方が紹介されています。マスタードのほどよい酸味が豚肉の臭みを消して、旨味を増強させてくれるんですって♪

▼レシピをチェック!

●アルミホイルでもOK!日本酒にぴったり「青じそとみょうがのソーセージ」

こちらは和のハーブ、青じそとみょうがを入れた和の香りあふれるテイストなソーセージ。ラップのかわりにアルミホイルで包んで茹でてもOKです。ごはんのおかずにもなりそうなひと品ですが、ビールはもちろん、微発泡の日本酒や焼酎の梅×ソーダ割り、なんていろいろなお酒とのあわせ方も楽しめますね。

▼レシピをチェック!

●辛いものLOVE!なら「スパイシーソーセージ」

使うお肉や中に入れる具、それに味付けを変えて自分だけの1本を楽しめるのが手づくりソーセージの魅力。辛いものが好きな人なら、タバスコを効かせてピリッと辛めに仕上げてもいいですね。小さじ1でも存外辛くなるので、タバスコの量には要注意です。

▼レシピをチェック!

形よく仕上がったソーセージは、大人気のスキレットや小ぶりのフライパンでカリッと焼いて、そのままテーブルに出すと写真映えも最高♪今度のお休みは名作ソーセージづくりに挑戦してみて!

【レシピブログ通信とは】

16,000名のお料理ブロガーさんが参加するお料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」から毎日が楽しくなる食や暮らしのトピックスをお届けします。

【過去の記事】

【目からウロコ】食卓のお洒落度を底上げする、超進化系「納豆」レシピ4選

【これは発見!】ふんわりソフトクリームが「トロトロのあれ」で濃厚リッチに♪

【意外と簡単】エビフライをまっすぐサクサクに揚げるために、知っておきたいこと

いつものサンドイッチを劇的においしくする「4つの魔法」

インスタでジワジワ来てる!子どもと一緒に「ヨーグルトアート」で遊ぼう♪

▼レシピブログの公式Facebookをフォローする