The Blog

【意外と簡単】エビフライをまっすぐサクサクに揚げるために、知っておきたいこと

定番のごちそう「エビフライ」をおいしく揚げるコツを見つけました。

遠く東京に働きに出ている父から、お盆にエビフライを土産に買って帰るので油とソースを用意しておくように、と速達が届く。

主人公の少年は、父の帰りを待ちながらはじめてのエビフライ(どうしても「えんびふらい」と言ってしまうところがかわいいのです)に思いをはせる――。

どこかで読んだこのストーリーは、30年近く国語の教科書に掲載されてきた『盆土産』という短編。芥川賞作家の三浦哲郎さんの味わい深い一編です。

どっさりのドライアイスとともに父親が夜行列車で大事に抱えてきた「えんびふらい」は、誇らしいほど大ぶりで、まっすぐで、プリプリだったことでしょう。

そこで今回は、定番のごちそう「エビフライ」をおいしく揚げるコツをレシピブログで見つけました。

背と腹に切り込みを入れたエビに...

背ワタを取って殻をむいたエビは、まず背と腹に切り込みを入れてから「竹串」を刺しておきます。こうしておけば油に入れても反り返りません♪

衣をつけて約170度の油でこんがり揚げたら、竹串を抜いて完成です。

竹串に刺すと小麦粉、卵、パン粉もつけやすくなるので、衣も厚すぎず薄すぎずサクサクの仕上がりに。いいことづくめの簡単テクニックなんです。

▼レシピをチェック!

まっすぐに揚がったエビフライで、いま話題の「サンドシナイッチ」

エビフライをはさんだサンドイッチってとっても贅沢!

こうしてまっすぐに揚がっていればパンにもはさみやすいですね。手巻き寿司感覚でささっと楽しめる、いま話題の「サンドシナイッチ」はいかがですか?

まさかの進化版サンドイッチ、と人気急上昇中なんです!

▼レシピをチェック!

細めのエビも豪華におめかし♪ もち粉でサクサク「太巻き海老フライ」

次は、ちょっとスマートなエビを豪華に見せる「かさましテク」をご紹介。

玉ねぎを入れたマグロのミンチをエビにつけて太くしてから、衣をつけてあげればはい、この仕上がりに。衣にもち粉を入れることでカリカリサクサク感はさらにアップ!

▼レシピをチェック!

あまったエビフライで大盛り「タルタルエビフライ丼」の幸せ

たまの揚げ物、と気合を入れてたっぷりつくったエビフライを翌日もおいしくいただくにはこんなアレンジレシピを。

さとう醤油の甘辛だしに、カリッと温めたエビフライと千切りキャベツを入れてさっと味を含ませるだけ。あとはご飯にたっぷりのせて、いただきます♪

キャベツはパリパリ感がほどよく残った方がおいしいので、太めの千切りにしておくのがポイントです。

▼レシピをチェック!

ちなみにエビフライといえば、4割の人が「しっぽまですべて食べる」と答えたというアンケート結果も。みなさんは完食派? しっぽ残し派?

【レシピブログ通信とは】

16,000名のお料理ブロガーさんが参加するお料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」から毎日が楽しくなる食や暮らしのトピックスをお届けします。

【過去の記事】

いつものサンドイッチを劇的においしくする「4つの魔法」

インスタでジワジワ来てる!子どもと一緒に「ヨーグルトアート」で遊ぼう♪

「ぷるぷるのだし巻き卵」が劇的に速くできる「お弁当の裏ワザ」【寝過ごしても大丈夫!】

【祝・北海道新幹線開業】本州未上陸!?理想のがっつりメシ「シスコライス」に一目惚れ♪

辛いの?辛くないの?花粉症の季節に「わさびトースト」がキク~ッ!

▼レシピブログの公式Facebookをフォローする