BLOG
2015年10月26日 23時24分 JST | 更新 2016年10月25日 18時12分 JST

心が震えるくらい美しい「夕焼け」を見られる場所7選

たくさんの旅人をうっとりさせる世界の絶景。その絶景が赤やオレンジ、時にはピンク、ブルーへと色を変える時間が夕暮れ時。

空の色というのはなぜこんなに美しく変化していくのでしょうか?そして、その色はなぜこんなにも世界の絶景にぴったりと似合うのでしょうか?

今回は僕が実際に旅をして美しいサンセットを見れた場所を紹介させていただきます。


カリブ海に浮かぶ島の夕日が綺麗に見えるカフェ(ジャマイカ ネグリル)

2015-10-26-1445845503-9548574-IMG_6410.jpg

photo by sho

カリブ海に浮かぶレゲエとボブマーリーで知られるジャマイカですが、島の西側にある小さな町ネグリルには美しいサンセットが見れると噂のRick's Cafeがあります。

夕暮れ時になると多くの人がここに集まり、太陽が沈むのを待っています。

Rick's Cafeには天然のプールもあり、高さ10mほどの場所から真っ青なカリビアンブルーの海に飛び込む事もできます。

ぜひ明るい時間に訪れ、勇気のある方は飛び込みをした後にゆっくりとサンセットを待ってみてください。


真っ白な町がオレンジに染まる時間(ギリシャ イア)

2015-10-26-1445845682-8038246-IMG_1231.jpg

photo by sho

ギリシャといえばエーゲ海に浮かぶ島々を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?中でも階段状になった白い街並みで有名なサントリーニ島は世界中の女性たちの憧れの場所とも言えるでしょう。

昼間はサンサンと照りつける太陽を跳ね返すような真っ白な壁ですが、夕暮れ時になると太陽の色に染められうっすらとオレンジ色に染まっていくんです。

また、サンセットの後は白い街にはポツリポツリと街灯が灯り、とてもロマンティックな時間が始まります。

ぜひ、夕方から夜にかけてはサントリーニ島のイアで美味しいギリシャ料理を食べながらサンセットを楽しんでください。


バオバブ街道で眺める幻想的な景色(マダガスカル ムルンダヴァ)

2015-10-26-1445845733-4907909-IMG_9934.jpg

photo by sho

たくさんのバオバブを見ることができるマダガスカルにあるムルンダヴァ。そこにバオバブ街道と呼ばれる道があるのをご存知でしょうか?

一本の道の両脇に立ち並んだバオバブの木が一番美しいのはシルエットなのではないかと僕は思っています。

太陽がどんどんと沈んでいくと、空の色は七色に変化していきます。その空の色と対照的に真っ黒なシルエットだけを残すバオバブの木。

シルエットだからこそバオバブの木の不思議な形が浮き彫りになっているのがよくわかります。何度も足を運んでみたくなるバオバブ街道へ一度は訪れてみてくださいね。


楽園の向こう側へ沈む夕日を砂丘から眺める(ブラジル ジェリコアコアラ)

2015-10-26-1445845795-4249008-IMG_4213.jpg

photo by sho

ブラジルの北部にある小さな街ジェリコアコアラは近年欧米人のバックパッカーがこぞって訪れ、楽園と呼ばれている街になりました。

昼間は太陽の日差しが強いため、旅行者は宿でゆっくりと時間を過ごしているのですが、夕方になるとジェリコアコアラを訪れた全ての旅行者は海岸沿いの砂丘を目指し、サンセットを楽しみます。

遠くに見える水平線へゆっくりと沈んでいく夕日を眺めていると、カイトサーフィンやカポエイラを楽しんでいるブラジル人の姿もちらほらと見かけます。

楽園が赤く染まる時間を砂丘の上から眺めてみてください。


偉大なるナイル川へ沈む太陽(エジプト ルクソール)

2015-10-26-1445845841-6291490-IMG_4944.jpg

photo by sho

ピラミッドやスフィンクス、旅人の心をぐっとつかむ観光大国エジプトを流れる偉大な川ナイル。

ルクソールではファルーカという帆掛船に乗り、ナイル川からサンセットを眺める事ができます。どれだけ深い歴史があろうとも、太陽がのぼり、そして沈むというのは今も昔も変わりません。

きっとピラミッドを建造していた人たちも1日の終わりにナイル川へ沈む夕日を見ていた事でしょう。

何千年も前に彼らが見ていた夕日を、今僕らが見ているというのも、何かロマンを感じませんか?


二つの太陽が一つに重なる時(ボリビア ウユニ)

2015-10-26-1445845885-2817139-P1080541.jpg

photo by sho

世界一周をするなら絶対にウユニ塩湖だけは外したくないと考えている旅人の方は多いのではないでしょうか?今やウユニは知らない旅人はいないほど有名な場所になりました。

ウユニを訪れた旅人へ、どの時間のウユニが好きだったかを尋ねると、多くの方がサンセットの時間だと答えます。僕自身もサンセットのウユニ塩湖が一番幻想的で好きな時間です。

空に浮かぶ太陽がゆっくりと鏡張りの塩湖に沈む時、二つの太陽が一つに重なって空を様々な色に染めていくんです。

ウユニへ行くなら絶対にサンセットを見てください。太陽が沈む時間がこれほどまでに美しいのかということを感じることができるはずです。


夕暮れ時に現れる五つのシルエット(チリ イースター島)

2015-10-26-1445845922-3221456-IMG_9731.jpg

photo by sho

イースター島には約1000体のモアイがあると言われています。その中でも夕暮れ時に訪れて欲しいのが島の西側にある小さな村ハンガロアにあるモアイです。

ハンガロア村から歩いて数分の場所には数体のモアイがたっており、その中でも五つ立ち並んだ"アフ・バイ・ウリ"というモアイを見ながらのサンセットはとても美しいことで有名です。

モアイの奥に沈んでいく太陽、その太陽の光を背に受けて真っ黒なシルエットだけを残すモアイ。イースター島に吹く風を感じながらゆっくりとサンセットを楽しんでみてくださいね。


世界中で美しいサンセットを見よう!

2015-10-26-1445845961-3932072-IMG_6753.jpg

photo by sho

サンセットが綺麗に見えるかどうかは天候次第です。しかし、毎日が同じじゃないからこそ美しいのもサンセットなのではないでしょうか?

同じ景色を見ることができないからこそ、その時間を特別な時間と感じることができると僕は思っています。ぜひ、世界の様々な場所でサンセットを楽しんでみてください。

よく世界で一番美しいサンセットが見れる場所という表現を見かけることがありますが、本当に世界で一番美しいサンセットはあなただけにしか見つけられないはずです。

是非、あなただけのお気に入りサンセットスポットを見つけてくださいね!

関連記事はこちら

【世界三大夕日】バリ島、マニラ、そして日本から選ばれているのは...

【涙が出るほど美しい】ウユニ塩湖の神秘的な朝焼け&夕焼け写真8選

スケールが半端ない!アメリカの絶景8選(写真33枚)