BLOG
2015年12月24日 20時09分 JST | 更新 2015年12月24日 20時09分 JST

ドローン登録制度、アメリカでスタート。従わなかった場合の罰則は?

登録しなければ、27500ドル以下の罰金または3年以下の懲役刑を課せられる。

Federal Aviation Administration

合衆国連邦航空局(Federal Aviation Administration, FAA)のドローン登録窓口が、月曜日(米国時間12/20)に業務を開始した。同局の今朝(米国時間12/23)の発表によると、これまでに45000人あまりがこのオンラインサービスを利用して自分のドローンを登録した。

(カメラなどの搭載物を含む)重量が0.55ポンドから55ポンドまで〔概略250g〜25kg〕の航空機...ドローンに限定しない...を保有している者は、それをFAAに登録しなければならない。登録料は1月21日まで無料、それ以降は5ドルで、登録の有効期間は3年だ。

登録しなければ、27500ドル以下の罰金または3年以下の懲役刑を課せられる。

12月21日よりも前からドローンを保有している操縦者は、2016年2月19日までにそのドローンを登録しなければならない。クリスマスギフトにドローンをもらった者は、最初の屋外飛行の前に登録を済ませなければならない(室内はよい)。

最初の、CSRAが作った登録サイトは、不具合のためしばらくサービスを停止していたが、その後正常に復帰した。しかしFAAは、クリスマスのラッシュに備えて、東部時間今日(米国時間12/23)〜明日(米国時間12/24)の午後9時から午前6時まで、メンテナンスのためにサイトを閉鎖する。

[原文へ]。

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。

(2015年12月24日TechCrunch日本版「FAAへのドローン登録は最初の2日間で45000台あまり、登録料は安いが無登録の罰則は重い」より転載)

【関連記事】