BLOG
2018年02月14日 11時31分 JST | 更新 2018年02月14日 11時31分 JST

新型ロボットが、ひとりでドアを開ける方法を覚えた(動画)

これはまさしく「クレバーガール」だ。

いつかこの日が来ることはわかっていた。Boston DynamicのスリムになったSpot Miniが、今度はドアの開け方を覚えた —— 使っているのが腕なのか顔なのかは、見る人次第。

チームがGoogleからSoftbankに代わったあともバイラルなロボットマーケティングは健在だ。あのスリムデザインのSpot Miniのデビューから3カ月、新たに制作された予告編ビデオでは、ヘッドマウントアームを装備したもう一匹がドアを(比較的)すばやく操作して仲間を部屋に通す。

ビデオを見てすばらしいと思うのは、アームの機敏な動きに加えて、かなり重そうなドアを開きながらバランスを維持しているところだ。

これはまさしく「クレバーガール」だ。

前回のビデオと同じく、この予告編でもすでに発表済みのロボットのミツバチ色バージョンの新機能について詳しい説明ない。

この技術は高度な自動制御システムの可能性を感じさせるが、ビデオが短すぎて誰かが画面の外からロボットを操作しているのかどうかはわからない

もし、Spot Miniが実際に自分でドアを開けて友達を自由にできるようになったら、そろそろ心配し始める時だろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

(2018年2月13日TechCrunch日本版より転載)

関連記事