BLOG
2018年07月06日 10時48分 JST | 更新 2018年07月06日 10時55分 JST

佐賀・福岡で24時間雨量300ミリ超える

厳重な警戒が必要です。

活発な梅雨前線が九州北部付近に停滞し、九州北部で大雨となっています。

6日午前9時30分までの24時間雨量は、佐賀県佐賀市北山で360.5ミリ、福岡県北九州市小倉南区で305.0ミリに達し、土砂災害や浸水害の危険が高まっています。

九州北部 土砂災害厳重に警戒

6日午前9時30分までの24時間雨量は、佐賀県佐賀市北山で360.5ミリ、福岡県北九州市小倉南区で305.0ミリなど、九州北部では大雨となっています。1日の雨量が200ミリを超えると大きな土砂災害が起こる危険性が非常に高くなります。現在、佐賀県、福岡県では土砂災害の危険性がきわめて高くなっています。今後わずかの雨でも土石流などの土砂災害が発生する恐れがありますので、厳重な警戒が必要です。

関連リンク

豪雨レーダー

アメダス降水量

雨雲の動き(予報)

発表中の警報・注意報

2018年07月06日10:14

日本気象協会 九州支社気象予報士/防災士

君島 由希子

趣味は読書、散歩です。

九州の気象トピックをわかりやすくお伝えできるよう頑張ります。