BLOG
2014年12月16日 17時54分 JST | 更新 2014年12月16日 18時01分 JST

北海道は台風並みの暴風、西は平地も積雪か(望月圭子)

17日は西日本では数年に一度レベルの寒気が入る所もあり、太平洋側の平地でも積雪の恐れ。最新の予報では、北海道は暴風のレベルアップ。電柱が倒れるくらいの風に警戒。

17日は西日本では数年に一度レベルの寒気が入る所もあり、太平洋側の平地でも積雪の恐れ。最新の予報では、北海道は暴風のレベルアップ。電柱が倒れるくらいの風に警戒。

◆南国 鹿児島の平地でも雪か

17日は、日本の上空に強い寒気が流れ込んでくるでしょう。

松江など、西日本では数年に1度レベルの強い寒気が予想されています。

17日は、北日本から西日本の日本海側は、平地を含め、大雪となりそうです。

寒気が強いので、西日本の太平洋側でも、雪雲が流れ込んで、雪が積もる所があるでしょう。

上記は、17日朝の通勤や通学の時間帯の天気の予想です。

西日本でも、広い範囲で、白い雪の表示が目立ちます。

【17日正午までの24時間に予想される降雪量】

北海道地方 北陸地方  80センチ

東北地方 東海地方   50センチ

関東甲信地方      40センチ

西日本日本海側     30~40センチ

西日本太平洋側     10~30センチとなっています。

鹿児島県(奄美地方を除く)の平地でも、

17日正午までに、3センチの雪が降ると予想されています。

西日本の太平洋側は、普段、雪があまり降らない所だけに、

少しの雪でも、17日の朝は、交通機関が乱れる恐れがあります。

時間に余裕を持ってお出かけ下さい。

また、雪が多く予想されている北海道ですが、

北海道の太平洋側では、17日朝にかけて、局地的に激しい雨や湿った雪が降るでしょう。

雪の重みで、電線が切れて、停電してしまう恐れもあります。

さらに、北海道だけでなく、北陸など日本海側でも、雪がさらに降り積もるでしょう。

日本海側は、18日も大雪が続きますので、雪崩にも注意が必要です。

◆北海道は 大雪だけでなく、外出を控えるほどの猛吹雪に

さらに、17日は、北海道付近で低気圧が急速に発達するでしょう。

17日午前9時の中心気圧は960ヘクトパスカルで、

日本付近には等圧線が15本くらいかかる予想です。

等圧線の間隔が狭くて、数が多いということは、風が吹き荒れるということ。

17日は、北海道は猛烈な風が吹きそうです。

そのほかの地方も、沿岸部を中心に、非常に強い風が吹くでしょう。

【17日にかけて予想される最大瞬間風速】

北海道地方                  50メートル

東北地方 北陸地方              40メートル

関東甲信地方 東海地方 四国地方 山陰地方  35メートル

近畿地方 九州北部地方 九州南部・奄美地方  30メートル

北海道では、朝の予想よりも、風がさらに強まる予報に変わりました。

最大瞬間風速50メートルとは、走行中のトラックが横転するほどの風です。

17日の北海道は見通しのまったくきかない猛吹雪になる恐れがあり、

車の運転が困難になることもありますので、外出は控えて下さい。

(2014年12月16日 14時14分)

【関連リンク】

望月 圭子

2014-12-16-141216_tenkijp_03.jpg

気象予報士

福島県会津生まれ。

東京での大学生活を経て、テレビ山梨のアナウンサーに。

ニュースや中継、県政番組、音楽番組、グルメコーナーなど、幅広く経験しました。

フリーに転身後、大好きな気象を学び、気象予報士の資格を取得。

『OAに強い気象予報士』として

テレビ山梨「ニュースの星」気象キャスターや

NHKラジオ「ジャーナル」気象キャスターを務め、

フジテレビで気象の解説をしたり、

文化放送やニッポン放送、JFNなどでも、天気を伝えてきました。

現在は、テレビやラジオの天気原稿を書いたり、

新聞の天気概況も担当しています。

「どう伝えるか」ではなく

「あなたに、どう伝わるか」を大切にしながら

日々の天気を伝えている私が、

『あなたのお抱え気象予報士』になれれば、幸いです。