BLOG
2018年05月09日 11時09分 JST | 更新 2018年05月09日 11時09分 JST

今週は、激しい寒暖差 都心3月のち7月並み

関東から北海道は週末にかけて気温の変化大。

2018年05月08日18:41

関東から北海道は週末にかけて気温の変化大。8日の最高気温が3月並みだった都心は、この先、気温が急上昇し、12日は7月並みの28度まで上がる予想です。

ポイント解説へ

清々しい5月はどこ?

8日(火)、関東や東北、北海道はこの時期としては冷たい空気に包まれ、最高気温は太平洋側を中心に平年を下回った所が多くなりました。雲に覆われた東京都心は14度4分と3月下旬並み、仙台は12度5分と4月上旬並みで、7日(月)より5度以上低くなりました。日差しが届いた札幌も空気は冷たいままで、13度7分でした。

※最高気温は午後3時までの値です。

9日も空気冷たい

9日(水)も関東から北海道ではこの時期としては寒いでしょう。都心の最高気温は引き続き20度に届かず、昼間も上着が必要です。東北や北海道のオホーツク海側では低温注意報の発表されている市町村があり、10日(木)にかけても気温の低い状態が続きそうです。

週末は再び汗ばむ陽気に

関東は10日(木)には最高気温が20度を超えて、この時期らしい気温に。ただ、週末は一気に暑くなり、12日(土)は最高気温が25度以上の夏日になる所が多いでしょう。30度近くまで上がる所もあり、都心は28度と7月上旬並みの予想です。新生活やゴールデンウィークの疲れが出る頃ですので、気温の急激な変化で体調を崩さないよう、十分にお気をつけください。

関連リンク

日本気象協会 本社気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

中川 裕美子

2007年1月より日本気象協会勤務。

ラジオやストリーミングでの天気解説、新聞やテレビの天気原稿作成などを担当。

「天気でわかる四季のくらし」(新日本出版社)を共同執筆。

一児の母となり、公私ともに奮闘中。