BLOG
2018年07月18日 10時10分 JST | 更新 2018年07月18日 10時10分 JST

40℃に迫る危険な暑さ、7月18日も続く 

天然の打ち水は期待薄

■ 天気のポイント ■

・西日本、東日本は体温超えの危険な暑さ継続

・天然の打ち水は期待薄

・北海道はエリアで気温差大

今日18日(水)も高気圧の勢力は依然として強く、西日本・東日本を中心に危険な暑さが継続しそうです。

西日本・東日本は危険な暑さ継続

高気圧の勢力は依然として強く、西日本や東日本、東北南部にかけては晴れて危険な暑さが継続しそうです。

35℃を超える猛暑日のところが多く、岐阜では39℃、名古屋や京都は38℃と、軽く体温を超える気温の予想となっています。

また、大阪は36℃、東京でも35℃の予想など、軒並み熱中症警戒レベルの暑さが続きます。

屋外はもちろん屋内でも万全の暑さ対策が欠かせません。

>>今ここでの熱中症危険度をチェック

天然の打ち水は期待薄

高気圧にしっかりと覆われているため、雷雲の発生・発達は山沿いが中心です。

広いエリアで雨が降ることはなく、熱せられた空気を冷やすような天然の打ち水はあまり期待が出来ません。日没以降も気温の高い状態が続きそうです。

北海道はエリアで気温差大

前線の影響がなくなり、北海道は昨日17日(火)以上に日差しの届くところが多くなります。

道央や道北の内陸部は昼間の気温が25℃を超えるため、日差しに少し暑さを感じそうです。

一方で、オホーツク海や太平洋の沿岸は気温が上がらず、ヒンヤリとした体感となります。

>>詳しい各地の天気・気温

2018/07/18 04:58