BLOG
2018年06月07日 09時48分 JST | 更新 2018年06月07日 11時02分 JST

グアテマラ・フエゴ山、再び噴火 少なくとも73人死亡、行方不明192人

当初の噴火による被害はさらに拡大しています。

3日に大きな噴火を起こしたグアテマラのフエゴ山は、現地時間の6日午後(日本時間6日早朝)も1500mほど噴煙を吹き上げました。当初の噴火による被害はさらに拡大しています。

上空は東よりの風が続くため、噴煙は西方向に流れる予想です。ただ、あまり高く上がらないことや、風向きは空港と逆方向なので、3日のような大規模な噴火がなければ影響はない見込み。

JOHAN ORDONEZ via Getty Images
(Photo credit should read JOHAN ORDONEZ/AFP/Getty Images)
グアテマラのフエゴ山の噴火で被害を受けた村(4日撮影)

時事通信によると、5日の時点で「死者は少なくとも73人に上り、192人が行方不明となっていることを明らかにした。AFP通信が報じた。犠牲者数はさらに増える可能性がある。火山活動はより活発化しており、救助活動にも支障が出ている。」とのこと。

火砕流の高温の堆積物が残ってるため、大規模な噴火がなくても一時的に噴煙を上げる恐れがあります。避難、捜索活動の困難な状況が続きそうです。

2018/06/06 16:08

関連記事


長野で白い虹!? 青空に映える白虹出現

【アジサイ】雨が似合うのには、理由があった!

動画 6月7日(木) 朝のウェザーニュース・お天気キャスター解説

ひと目でわかる 今日の傘マップ  6月7日(木)

7日(木) 梅雨空は小休止 暑さが復活