BLOG
2018年07月24日 10時03分 JST | 更新 2018年07月24日 10時03分 JST

災害級の暑さ、7月24日も続く 東京など関東も午後はゲリラ豪雨に注意

岐阜で39℃、名古屋や京都は38℃など、体温を大きく超える酷暑となるところもあります。

■ 天気のポイント ■

・西日本、東日本は災害レベルの暑さに警戒

・東京なども午後はゲリラ豪雨に要注意

・北海道は夏空広がり汗ばむ暑さ

昨日23日(月)は埼玉県熊谷で41.1℃まで気温が上がり、日本の最高気温の記録を更新しました。

今日24日(火)も夏の高気圧は勢力を維持。西日本や東日本は引き続き災害レベルの暑さに警戒が必要です。

また、東京など関東も、午後はゲリラ豪雨に注意が必要です。

西日本・東日本は災害レベルの暑さに警戒

西日本や東日本は引き続き高気圧に覆われ、気温がぐんぐん上がります。

広いエリアで35℃を超える猛暑日となり、岐阜で39℃、名古屋や京都は38℃など、体温を大きく超える酷暑となるところもあります。

今日も災害レベルの暑さに警戒してください。

東京なども午後はゲリラ豪雨に要注意

気温の上昇により大気の状態が不安定となり、午後は内陸や山沿いを中心に雨雲が発生、発達しやすくなります。

特に、東京都心など関東各地の平野部でもゲリラ豪雨の可能性があります。

モクモクとした雲や黒い雲が見えたら、天気の急変にご注意ください。

北海道は夏空広がり汗ばむ暑さ

北海道は朝から青空の広がるところが多くなりそうです。

札幌や旭川などは25℃を超え、日差しのもとでは汗ばむ暑さとなります。汗拭きタオルがあると重宝しそうです。

>>詳しい各地の天気・気温

2018/07/24 04:56