BLOG
2018年06月18日 17時31分 JST | 更新 2018年06月18日 17時32分 JST

19日(火)は西から梅雨空戻る、地震被害の大阪周辺は少しの雨でも注意

屋根の破損等は出来るだけ早めの対処が必要です。

■ 天気のポイント ■

・大阪周辺は少しの雨でも注意

・九州南部は局地的な激しい雨に

・関東は日差し届き久々に半袖出番

大阪周辺は少しの雨でも注意

地震で倒れた灯籠 -大阪府交野市-

週明けに大きな地震に見舞われた近畿では、梅雨前線の北上に伴い、19日(火)昼頃から雨が降り出してきます。

強い揺れがあったエリアでは地盤の緩んでいる恐れがあるため、少しの雨でも土砂災害の危険性があります。急な斜面には近づかないようにしてください。また、屋根の破損等は出来るだけ早めの対処が必要です。

九州南部は局地的な激しい雨に

前線に近い九州南部は湿った暖かな空気が流れ込むこともあって雨雲が発達。局地的に雷を伴った激しい雨が降りそうです。道路冠水や落雷などにご注意ください。

関東は日差し届き久々に半袖出番

関東は午前中、一時的に梅雨前線が離れ天気回復。貴重な日差しが届き、気温が上昇しそうです。最高気温は東京や横浜が26℃、前橋では28℃の予想です。東京は4日ぶりの夏日の予想で、久々に半袖で過ごせる陽気になります。

ただ、夕方以降は早くも梅雨空が戻り、夜は雨の降り出す所が多いので、お出かけの際は折りたたみの傘をご用意ください。

なお、北日本は日本海側で青空が広がり、太平洋側は雲優勢の所が多くなりそうです。

>> 詳細 各地の天気・気温

(2018/06/18 17:06)

関連記事