BLOG
2018年07月06日 17時21分 JST | 更新 2018年07月06日 17時21分 JST

大雨特別警報が発表 福岡、佐賀、長崎で

大雨特別警報が発表されるのは、去年の九州北部豪雨以来です。

福岡県太宰府市の様子(6日16時53分撮影)

6日(金)17時10分、福岡県、佐賀県、長崎県に大雨特別警報が発表されました。大雨特別警報が発表されるのは、去年の九州北部豪雨以来です。

>>特別警報の発表状況

危険を感じたら速やかに避難を

大雨が続いている九州北部の雨が夕方近くなり、激しさを増しています。

長崎県付近でごく小さな低気圧が形成され、その東側で雨雲がより発達。佐賀県の嬉野では16時10分までの1時間に84.0mmの観測史上1位の雨を観測しました。

>>最新の雨雲レーダーの様子

激しい雨を降らせている活発な雨雲は東に進み夜にかけて九州北部や中国地方に同じような雨を降らせる恐れがあります。

大規模な道路冠水を始め、すでに増水している川の水位が急激に上がったり、急に土砂が崩壊するなどの大きな災害の引き金になる恐れがあるため厳重な警戒が必要です。

避難を躊躇するほど雨が強い場合は、家の中の出来るだけ安全な場所に移動するようにしてください。

>>避難時の注意点

生放送で大雨解説中

24時間生放送の天気予報専門番組「ウェザーニュースLiVE」

※視聴タイミングにより、雨情報以外の放送内容となっている場合があります。

2018/07/06 16:58